ストーカー容疑で巡査部長逮捕 わいせつ写真100枚押収

【いつ】
2015年6月14日

【どこで】
茨城県

【誰が誰に】
水戸地域課の巡査部長(58)が県内に住むパート従業員の女性(58)に

【どのように】
・2015年1月から3月にかけて「恥ずかしい写真をばらまくぞ」「会いたい」などと20回以上メールを送信したり、わいせつな内容の手紙を郵送した。
・女性の自宅周辺で、女性に付きまとうなどした。
・茨城県警人身安全対策室などは、脅迫とストーカー規制法違反の容疑で容疑者を逮捕した。容疑を認めているという。

【何故】
・話がしたくて連絡をしたり、会いに行ってしまった。

【背景】
・容疑者と女性は、2014年12月まで数十年間交際していた。

【補足】
・女性から県警本部に「知り合いの警察官にストーカーされている」と相談の電話があり発覚。
・容疑者の自宅と自家用車を家宅捜索し、わいせつな写真を100枚以上押収した。
・県警監察室の首席監察官は「警察官としてあるまじき行為。捜査の結果を踏まえ厳正に対処する」とコメントした。

とのことです。

 

↓ 対策はこちらから(とりあえずメールで相談してみましょう) ↓

32歳介護士の男をストーカー容疑で逮捕

【いつ】
2014年11月25日から12月31日までの間に

【どこで】
東京都内

【誰が誰に】
世田谷区野毛の介護士(32)が20代女性に

【どのように】
・「話を聞いて貰えませんか」「死ぬよ」などと17回メールを送信した。
・2015年1月1日に女性宅の窓を破って侵入した。

【補足】
・警視庁人身安全対処チームは、住居侵入罪で起訴→ストーカー規制法違反容疑で再逮捕した。
・侵入時に金づちや火薬のような粉末を持っており、「自殺したかった」などと供述。容疑者の自宅からは、爆竹1400本が見つかった。
・女性は警視庁に相談し、同庁は容疑者に対し、女性と連絡をとらないよう口頭で警告していた。

 

↓ 対策はこちらから(とりあえずメールで相談してみましょう) ↓

ストーカー摘発3倍に 平成26年度 警察庁

【いつ】
平成26年度
【どこで】
東京都内
【どのように】
警視庁が次のように発表した。
・ストーカーの事案が378件(前年の3倍以上)
・相談も5割増の2,204件
※上記はいずれも過去最多。
・インターネットを利用した事例は61件。(うち48件はLINEが使われていた)
・被害者と加害者がネットを通じて出会っていたケースが48件。
・適用容疑の内訳「脅迫 110件」「ストーカー規制法違反 106件」「住居侵入 44件」「暴行・障害に至ったケース 32件」
・ドメスティックバイオレンス(DV)は、相談4,107件、摘発595件(こちらも過去最多)

ものすごい件数ですねぇ。都内だけでこの件数です。住居侵入44件もあるんですよ。わかっているだけで。恐ろしいですね。

↓ 対策はこちらから(とりあえずメールで相談してみましょう) ↓

メールで暴言を吐く 秋田県29歳ストーカー女 逮捕

【いつ】
2015年6月12日
【どこで】
秋田県
【誰が】
無職女性(29)が
【どのように】
秋田県警秋田東署により、ストーカー規制法違反の疑いで逮捕された。
【何故】
・6月上旬、以前に交際していた30代の男性が拒んでいるのに、数十回にわたって電話やメールを送信した。
・「早く秋田から出ていけ」「ふざけるな。逃げても無駄だ」「逮捕させるならさせてみろや」などと乱暴な内容だった。

↓ 対策はこちらから(メールでの相談も可能です) ↓

女性に手紙38通送りつけストーカー容疑で逮捕(茨城県)

【いつ】
2015年6月8日

【どこで】
茨城県

【誰が誰に】
東京都葛飾区亀有の無職男性(68)が、茨城県内の飲食店経営女性(71)に

【どのように】
今年1月14日頃から3月13日頃までの間に、手紙を38通郵送するなどのストーカー行為を行った容疑で逮捕された。

【何故】
不明

【背景】
・男性は女性が経営する飲食店の客として20年来の知り合い。
・交際の事実はなかった。
・女性が昨年9月に男性のストーカー行為について牛久署に相談し、牛久署が男性に警告を行った後、県公安委員会が昨年11月に禁止命令を出していた。

【その他】
・男性は「手紙を送り続けたことは間違いない」と容疑を認めている。

 

と、いうわけで、最近は高齢者のストーカー行為が増加の傾向にあるようです。皆さんも気を付けましょうね。

↓ 対策はこちらから(メールでの相談も可能です) ↓