防犯屋 » ストーカー関連

ストーカー殺人 懲役30年 (大阪市・平野区)

【いつ】
2014年5月2日

【どこで】
大阪市平野区

【誰が誰に】
無職男性(58)が飲食店アルバイト女性(38)を

【どのように】
・2日未明。平野区の路上で被害者の頭部や腹部を刺して殺害した。

【何故】

【背景】
・包丁を準備し、5月1日夜に元妻の勤務先を訪問
・事件の約1カ月半前、被害者の相談を受けた大阪府警は、加害者にストーカー規制法に基づく警告を行った。

【補足】
・2015年5月28日 大阪地裁で裁判員裁判の判決公判が開かれた。裁判長は、懲役30年(求刑無期懲役)を言い渡した。
・裁判長は次のように述べた。
「一方的に裏切られたと解釈して恨んだ。理不尽で身勝手の極み」
「謝罪を口にするなど反省しようとする姿勢を見せている」としながらも
「犯行の計画性、残忍さ、執拗さの面で悪質だ」と指摘。
「今でも井村さんらの行為を裏切りであると言い、反省は不十分」
「自分の問題に気付く機会があった。ストーカー行為は社会問題となっており、重く処罰することで再発防止に向けた継承とする必要がある」とも言及した。

 

↓ 対策はこちらから(とりあえずメールでプロに相談してみましょう) ↓

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です