防犯屋 » ストーカー関連

競輪の元賞金王がストーカー規制法容疑で逮捕 群馬県警

【いつ】
2015年6月4日から17日の間

【どこで】
群馬県

【誰が誰に】
競輪選手 児玉広志容疑者(46)がフリーアナウンサー(50代女性)に

【どのように】
・計14回にわたり女性に連続して電話をした。
・「夜まで待っても連絡が来ない」「お互い社会的信用がなくなるが、いいと思ってる」などのメールを計3回送信した。

【何故】
復縁できると思ったので、電話やメールをした。

【補足】
・児玉容疑者は女性と交際していたが、5月下旬に解消。
・「電話やメールはしたが、ストーカーをしたとは思っていない」と話し、容疑を否認している。
・児玉容疑者は香川県出身。平成12年に年間賞金王になった。

と、いうことのようです。
自覚できないということが、全般的な問題でもあるんでしょうね。
客観的になれれば「復縁出来ないこともある」ということは分かるのでしょうが。。。

 

↓ 対策はこちらから(とりあえずメールでプロに相談してみましょう) ↓

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です