元彼をストーカー化させない上手な別れ方(ストーカー予防策)

「ストーカー予防策 元彼をストーカー化させない上手な別れ方(3ステップ)」について解説したいと思います。すでにストーカー被害を受けてしまっている場合は、「ストーカー対策」のページへお進みくださいね。

ストーカー2

ステップ1:メールで別れを切り出す
まず最初は、「メールで」別れを切り出しましょう。あ、ラインになりますかね?

それで終わるようなら言うことはないんですけどね。あまり感情的にならず、サラッといくのがいいと思います。

ステップ2:相手のせいにしない
「なんで?」「どうして?」普通はこんな感じで、会って聞かれることが多いでしょうかね。理由が分からない時点でアウトと思いますが、ぐっとガマンしましょう。

まぁ、いろいろ理由はあると思いますが、相手の文句は言わない方が良い場合が多いです。

いまさら改善されても困りますし、逆恨みから憎しみに変わられても困ります。愛情と憎しみって出発点は同じですからね。

なので「気持ちが覚めてしまった」とか「あなたには問題はないけど、わたしは合わない」とか、自分が原因であるといった感じで伝えましょう。

相手が精神的に大人な場合は、「他に好きな人が出来た」とストレートに言った方がよいケースもあります。

ステップ3:相手の話はよく聞いてあげましょう
色恋ですからね。いろいろ言ってくる人が多いと思います。全部吐き出させましょう。でないと、あとで思い返したように(あ、アレ伝えてなかった)とか(こう言えばきっと伝わる)とか出てくることが多いです。

その作業はつらいかも知れませんが、全て相手に吐き出させた上で、キッパリと冷静に

「あなたの気持ちはよく分かった。でもこれから先、二度とあなたの気持ちに応えることは出来ない。」

ということを伝えましょう。あいまいな態度はいけません。可能性がゼロであることをハッキリと伝えましょう。また、別れた後は会ってはいけません。どうしても会う必要がある場合は、友達同伴とか第三者に同席して貰いましょう。その方がお互い冷静に話せます。

 

。。。といった感じでしょうか?これはあくまでも元カレをストーカー化させずスムーズに別れるための基本例ですので、まぁ参考にしてみてくださいね。

何事もそうですが、ケースに合わせてやり方は変化させる必要があります。


例えば普通の恋愛ではなく、不倫相手と別れる場合なんかもあると思います。

話がこじれると、旦那(妻)にバレてしまう、または勤務先に連絡されたりしてしまうかも知れない、等々。
そんなことが起きると、それだけで家庭は破局してしまいます。社内の信用も無くなって、出世できなくなってしまいます。

また、自分の裸の画像などを相手に所持されてしまっていたり。(いわゆるリベンジポルノの危険性など)万が一ネットに流出してしまったら、警察に相談出来たとしても二度と取り返しがつかなくなってしまうようなケースもあります。

そういった場合は、まずその道のプロに相談してみましょうね。 

↓ 対策はこちらから(とりあえずメールで相談してみましょう) ↓

 

  気分一新。引っ越しして逃げよう!という場合は引越し達人セレクト

で安く頼みましょう。