最も確実な防犯対策 「ホームセキュリティ」

やはり、防犯対策といえばホームセキュリティです。

防犯診断士等が実際に自宅を見て、状況に応じた提案をしてくれます。
以前は非常に高額だったのですが、最近はかなり金額が下がってきていて月2千円台からという商品も出てきたので、心配だという方は数社から相見積もりを取り寄せて、金額と提案内容に納得出来るところへ依頼したらよいかと思います。
見積を取り寄せるのはタダですからね。金額やサービスの内容を知っておくという意味でもよいと思います。


また、警備会社も当然色々な会社がありますので、少し紹介したいと思います。

警備会社ランキング(2012年売上高)

順位 会社名 本社 売上高(単位:億)
セコム 東京 3,454億
綜合警備保障 東京 1,931億
セントラル警備保障 東京 353億
全日警 東京 329億
アサヒセキュリティ 東京 324億
セノン 東京 201億
セコム上信越 新潟 195億
にしけい 福岡 170億
セコムジャスティック 東京 170億
10 コアズ 愛知 164億
11 東洋テック 大阪 134億
12 国際警備 神奈川 126億
13 シンテイ警備 東京 120億
14 綜警常駐警備 東京 115億
15 スリーエス 兵庫 95億
16 大阪ガスセキュリティサービス 大阪 90億
17 国際警備保障 大阪 89億
18 北関東綜合警備保障 栃木 86億
19 協和警備保障 千葉 84億
20 広島綜合警備保障 広島 80億

ということで、1位は断トツでセコムです。
続いて2位がALSOK。
3位はここ数年はセントラルさんだと思います。以下ダンゴ状態って感じでしょうか。

上位3社をヤフーファイナンスでチェックすると次のようになっていて、何となく特徴が掴めると思います。

会社名 従業員数(単独) 従業員数(連結) 平均年齢 平均年収 特色
セコム 14,904人 36,473人 41.2歳 5,990千円 警備サービス業界首位。賃貸センサー付きシステム警備中心。防災、医療、損保、不動産等へ展開。
綜警 12,602人 28,054人 37.0歳 5,050千円 警備サービス2位。金融機関向けに強み。現金輸送はコンビニ等へ展開。ホーチキに出資。
セントラル 3,592人 4,757人 38.0歳 4,340千円 警備サービス3位。ガードマン派遣による常駐警備主体。JR東日本向け2割強。機械警備注力。

ということで、やはり防犯対策はプロに依頼するのが最も確実です。