ストーカー被害女性の母親の首を絞める 殺人未遂容疑でSKEファンの無職男(35)を逮捕

【いつ】
2015年6月15日

【どこで】
愛知県名古屋市

【誰が誰に】
愛知県警名古屋署が無職男性(35)を

【どのように】
殺人未遂の疑いで逮捕した。

【何故】
・5月19日午前10時頃、容疑者が愛知県日進市内の女子高生の自宅を訪れ、玄関先で母親の首を絞め、顔に催涙スプレーを吹き付け押し倒し、馬乗りになってさらに両手で首を絞めつけて殺害しようとしたから。

【背景】
・容疑者はSKE48ファンの集いで女子高生と知り合った。
・容疑者が好意を寄せ2014年4月頃、少女に交際を断られたにもかかわらず、自宅や高校の文化祭に押し掛けるなどしたため、2014年10月にストーカー規制法に基づく警告が出されていた。その後、付きまとい行為は収まっていた。

【補足】
・容疑者は「殺意はありませんし、首を絞めつけてもいません」と容疑を否認している。
・容疑者が持っていたショルダーバックの中には、次のものが入っていた。
 刃渡り25センチのナイフ
 スタンガン
 ロープ
・母親は全身打撲や両目角膜のただれなど5日間のけがを負った。母親が悲鳴を上げたので、騒ぎに気付いた近隣住民が110番通報し、駆けつけた署員が銃刀法違反で現行犯逮捕した。なお、少女は不在だった。
・愛知署によると、容疑者は母親に少女との交際や連絡を邪魔されていると一方的に恨みを募らせていたとみられている。

 

↓ 対策はこちらから(とりあえずメールでプロに相談してみましょう) ↓

元交際男性にメール千通以上 ストーカー容疑で女(35)逮捕

【いつ】
2014年10月15日

【どこで】
岐阜市安食志良子(あじきしらこ)

【誰が誰に】
無職女性(35)が岐阜県警大垣署に

【どのように】
ストーカー規制法違反の疑いで逮捕された。

【何故】
・平成26年3月以降、女性が男性宅に何度も押しかけるなどして、同年9月9日に公安委員会から禁止命令が出ていたが、9月11日~10月2日に元交際相手の男性(34)の携帯電話に「やり直したい」「一回で良いから家に来てください」など、復縁を迫るショートメール約1100通を送ったので。

【背景】
・二人は、平成23年2月頃から約1年4か月ほど交際していた。

【補足】
・同署によると「覚えがない」と容疑を否認しているとのこと。

 

↓ 対策はこちらから(とりあえずメールでプロに相談してみましょう) ↓

いじめ・嫌がらせの相談 過去最多 2014年度 労働紛争解決制度

【いつ】
2014年度

【どこで】
秋田労働局による2014年度の個別労働紛争解決制度の相談受付状況

【どのように】
・上司から罵声を浴びせられる
・上司から無視をされる
 などのパワハラなどのいじめ・いやがらせに関する相談が805件寄せられた。(前年度より82件11.3%増加となり、過去最多)

【背景】
増加した背景には、インターネット等で、パワハラの認識が広まったことや、世代間の価値観の違いなどが要因と見られている。

【補足】
・全体の相談件数は、353件増の3,840件。このうち、いじめや嫌がらせは21.0%を占め2年連続最多。自己都合退職678件。普通解雇474件。
・あっせん処理57件(うち7件は取り下げ)のうち、解決した案件は32件。解決率は64.0%となり、全国1位。窓口の相談員が争点整理を徹底しているという。

ということのようです。職場でのパワハラに悩む方。このようなところで相談をしてみることもひとつだと思います。相談だけならハードル高いわけじゃないと思いますし。いろんな方策がとれるということが分かれば、心に少し余裕が出来るかも知れません。

 

↓ こういうところで、とりあえずメールで相談してみるということも ↓

 

盗んだ下着にペンで「殺す」嫌がらせ 58歳准看護師逮捕

【いつ】
6月17日

【どこで】
東京都羽村市緑が丘

【誰が誰に】
警視庁人身安全関連事案事態対処チームが准看護師(58)を

【どのように】
脅迫と窃盗の疑いで逮捕した。

【何故】
・2015年3月12日~4月15日頃、瑞穂町に住む20代パート女性のアパートから、下着数点を窃取。
・下着を刃物で切り刻み、マジックペンで「性交渉をさせないと子供を殺す」などと書いて玄関前や女性の車に置いた。

【背景】
・「過去に女性と駐車をめぐってトラブルになり、腹いせのためにやった」と供述している。
・同チームによると、3月に女性がアパート前で不審な車両を目撃し、ナンバーを覚えていたことから関与が浮上。
・下着に付着していた遺留物とDNA型も一致した。
・女性は水村容疑者と面識がないと説明している。
・同町と青梅市では、平成22年から同様の被害が他に計3件あり、関与を調査中。
・近隣住民によると、同様のことがこれまでにもあり、警察の注意により謝罪されたことから告訴はしなかった、とのこと。

 

↓ 対策はこちらから(とりあえずメールで相談してみましょう) ↓

 

ストーカー容疑で巡査部長逮捕 わいせつ写真100枚押収

【いつ】
2015年6月14日

【どこで】
茨城県

【誰が誰に】
水戸地域課の巡査部長(58)が県内に住むパート従業員の女性(58)に

【どのように】
・2015年1月から3月にかけて「恥ずかしい写真をばらまくぞ」「会いたい」などと20回以上メールを送信したり、わいせつな内容の手紙を郵送した。
・女性の自宅周辺で、女性に付きまとうなどした。
・茨城県警人身安全対策室などは、脅迫とストーカー規制法違反の容疑で容疑者を逮捕した。容疑を認めているという。

【何故】
・話がしたくて連絡をしたり、会いに行ってしまった。

【背景】
・容疑者と女性は、2014年12月まで数十年間交際していた。

【補足】
・女性から県警本部に「知り合いの警察官にストーカーされている」と相談の電話があり発覚。
・容疑者の自宅と自家用車を家宅捜索し、わいせつな写真を100枚以上押収した。
・県警監察室の首席監察官は「警察官としてあるまじき行為。捜査の結果を踏まえ厳正に対処する」とコメントした。

とのことです。

 

↓ 対策はこちらから(とりあえずメールで相談してみましょう) ↓

32歳介護士の男をストーカー容疑で逮捕

【いつ】
2014年11月25日から12月31日までの間に

【どこで】
東京都内

【誰が誰に】
世田谷区野毛の介護士(32)が20代女性に

【どのように】
・「話を聞いて貰えませんか」「死ぬよ」などと17回メールを送信した。
・2015年1月1日に女性宅の窓を破って侵入した。

【補足】
・警視庁人身安全対処チームは、住居侵入罪で起訴→ストーカー規制法違反容疑で再逮捕した。
・侵入時に金づちや火薬のような粉末を持っており、「自殺したかった」などと供述。容疑者の自宅からは、爆竹1400本が見つかった。
・女性は警視庁に相談し、同庁は容疑者に対し、女性と連絡をとらないよう口頭で警告していた。

 

↓ 対策はこちらから(とりあえずメールで相談してみましょう) ↓

ストーカー摘発3倍に 平成26年度 警察庁

【いつ】
平成26年度
【どこで】
東京都内
【どのように】
警視庁が次のように発表した。
・ストーカーの事案が378件(前年の3倍以上)
・相談も5割増の2,204件
※上記はいずれも過去最多。
・インターネットを利用した事例は61件。(うち48件はLINEが使われていた)
・被害者と加害者がネットを通じて出会っていたケースが48件。
・適用容疑の内訳「脅迫 110件」「ストーカー規制法違反 106件」「住居侵入 44件」「暴行・障害に至ったケース 32件」
・ドメスティックバイオレンス(DV)は、相談4,107件、摘発595件(こちらも過去最多)

ものすごい件数ですねぇ。都内だけでこの件数です。住居侵入44件もあるんですよ。わかっているだけで。恐ろしいですね。

↓ 対策はこちらから(とりあえずメールで相談してみましょう) ↓

上司のパワハラ 神戸大学に80万円の賠償命令

【いつ】
平成22年度から
【どこで】
神戸大学で
【誰が誰に】
科長の男性から教授の女性が
【どのように】
・海外出張の旅費の支払いを拒まれたり
・計画していた授業を中止させられたり
・さらには教授会で病状を説明させられるなどの嫌がらせを繰り返された
【補足】
・抑うつ状態になるなどして元教授は退職。上司だった元科長の男性から受けたパワーハラスメントが原因として、元科長と神戸大にそれぞれ800万円の損害賠償を求めた。神戸地裁は2015年6月12日「権限を乱用し屈辱的発言や嫌がらせを繰り返した」として、元科長のパワハラ行為を認定し、神戸大に80万円の支払いを命じた。元科長については公務員としての行為で個人的な賠償責任は負わないとし、請求を棄却した。
・神戸大は「大学側の主張が認められず残念だが、詳細を承知しておらず、コメントは差し控える」としている。

。。。だそうです。
大学内で起きた事件に対して平然と「詳細を承知しておらず」と言ってのけ、詳細を承知していないにも関わらず「大学側の主張が認められず残念」とコメントしている。詳細を承知せず、何を主張したんでしょうか?

わたしもこんなコメントが出来る神経を持ちたかったです。。。

まぁ、組織というものはこういうものであるわけですから、皆さんも嫌がらせやパワハラから自分で身を守れるようにしておきましょうね^^

↓ 悪質な嫌がらせ。助けてもらいたければ。 ↓

メールで暴言を吐く 秋田県29歳ストーカー女 逮捕

【いつ】
2015年6月12日
【どこで】
秋田県
【誰が】
無職女性(29)が
【どのように】
秋田県警秋田東署により、ストーカー規制法違反の疑いで逮捕された。
【何故】
・6月上旬、以前に交際していた30代の男性が拒んでいるのに、数十回にわたって電話やメールを送信した。
・「早く秋田から出ていけ」「ふざけるな。逃げても無駄だ」「逮捕させるならさせてみろや」などと乱暴な内容だった。

↓ 対策はこちらから(メールでの相談も可能です) ↓

ストーカー扱いされたことへの嫌がらせ 野村証券社員を逮捕

【いつ】
2015年2月頃

【どこで】
出会い系サイトで

【誰が誰に】
野村証券社員(39)が知人の女性(21)になりすまし

【どのように】
出会い系サイトに「刺激が欲しい」と書き込んだ。

【何故】
ストカー扱いされたことへの嫌がらせ(と供述)

【補足】
・出会い系サイトに名前と顔写真を掲載した。
・書き込みを見て連絡してきた男性30人ほどに、女性の住所などを伝えた。
・女性の自宅近くから「出会い系サイトで連絡した者です」と連絡が入り発覚した。
・リベンジポルノ被害防止法は文言だけでは成立しないため、警察では名誉棄損を適用することにした。

 

 ↓ 悪質な嫌がらせ。プロに任せた方が安心です ↓